ぽっこりお腹の原因と骨盤のゆがみ

ぽっこりお腹の原因と骨盤のゆがみ

骨盤の歪みがぽっこりお腹の原因になっている人も多いのでは無いでしょうか。

 

デスクワークやライフスタイルの欧米化により、ずっと同じ姿勢で長時間、仕事など作業していたり、下半身の筋力の低下が原因で骨盤の正しい位置を維持することが出来なくなったりすると、姿勢の歪みや骨盤の歪みが出てきて、骨盤周りの筋力低下と共にぽっこりお腹が酷くなってきます。

 

骨盤強制などの整体に行ったとしても、歪みや骨盤周りの筋力をほぐすことで、一時的には骨盤が基の正しい位置に戻り、ぽっこりお腹が一時的に何センチも凹んだり、調子も良くなりますが、普段の生活を続けることであっという間にまた骨盤の位置がずれていきます。

 

骨盤の歪みが整体で治してもらう前に戻れば、当然ぽっこりお腹が復活することも間違いありません。

 

骨盤の位置を正しくしたり、骨盤の歪みを無くすことで、ぽっこりお腹を解消したいのであれば、まず普段から姿勢を正しくすることを意識したり、ストレッチなどで身体の柔軟性を高めておくことも大事になります。

ぽっこりお腹の原因を解消したいならチェック!

関連ページ

中性脂肪が肥満の原因
中性脂肪がぽっこりお腹の原因になることは、よくご存知だと思いますが、現代人の欧米化した食生活では中性脂肪を貯めこまないことは難しいと言われています。
便秘と肥満の関係とは
便秘がポッコリお腹の原因になることもよく知られていますが、ぽっこりお腹を改善したいと思っていても、便秘が原因だと気づいていない人も多いのが事実です。
腹筋で肥満を解消するには
腹筋の衰えがぽっこりお腹の直接の原因になっている人もたくさんいます。 特に幼少期から体育会系で、常に運動をしていた人が大人になり、仕事をする社会人でスポーツをする時間が無く、運動不足になると腹筋が衰え始めます。
アルコールと肥満体質の関係は
ぽっこりお腹の原因で真っ先に思いつくのは、だいたい皆さんアルコールが原因だと思うのでは無いでしょうか。
インナーマッスルと肥満解消の関連性は
インナーマッスルを鍛えることで、ぽっこりお腹の原因である筋力の衰えから脱却できる可能性は大きいと言えます。
運動不足が原因で肥満が加速する
運動不足でぽっこりお腹になる人は多いかと思いますが、運動不足によって引き起こる病気についても知らなければなりません。
筋力不足で脂肪がつきやすくなる
体内の脂肪を蓄えないようにしたり、すでに溜まってしまった体脂肪を燃焼させるには、基礎代謝の役割が最も重要になります。もしあなたが筋力不足に陥っている場合には、必然的に基礎代謝の数値も落ちていることになります。
病気も多い中性脂肪や肥満とは
ぽっこりお腹、いわゆる中性脂肪が下腹部に基準値を超えて蓄えられている状態の場合、病気になる確率は格段に上がってきます。
おならもお腹が張る原因になる
ぽっこりお腹のようにお腹が張る原因の一つとして、おならを我慢しすぎて、腸内にガスが溜まることも昨今では多くなっています。