ぽっこりお腹を解消する食事とは

ぽっこりお腹を解消する食事とは

年齢を重ねるにつれおなかの筋肉が脂肪に変わりついにはぽっこりお腹になってしまいます。今まで通りの食事で腹筋などの筋力トレーニングだけではなかなか効果が出ません。

 

そこで、ぽっこりお腹を解消する食事法を3つご紹介します。

 

1つは便秘を解消して腸内環境を良くすることです。 そのため、腸内環境をよくする為に必要な善玉菌を増やすビフィズス菌や乳酸菌を多く含むヨーグルト、チーズ、漬け物、みそ、キムチなど発酵食品を摂ることです。毎食摂るとさらに効果的です。

 

2つめは、朝昼夜のカロリーバランスです。食事は1日3食摂り、脂肪燃焼効果の高い昼に一番ボリュームのある食事をとり、逆に代謝の下がる夜は少な目で消化の良い食事にします。しかし、脂肪や糖質を燃やすために必要な魚・肉・卵・乳製品・大豆などのたんぱく質は、きちんと摂ることを忘れないでください。

 

3つ目は、ご飯や麺類などの炭水化物は適度に減らすことです。炭水化物を摂らないと痩せますがそれは間違いです。炭水化物は人間のエネルギー源となる大事な栄養素なので、摂り過ぎない程度で必要です。お米などの主食には、熱をおこす糖質を含んでいるため代謝が上がりやすくなりますのでおすすめです。

 

以上のことを継続的に実行できればすっきりおなかに変身します。

 

ぽっこりお腹の原因を解消したいならチェック!

関連ページ

サプリで下半身太りを解消するために
ぽっこりお腹の原因は、腸内環境の悪化、腹部の筋力低下、骨盤のゆがみ、内臓脂肪の増加などが上げられます。
エステに通うとなぜ痩せられるのか
エステサロンでは、自宅で自分でできないこと、つまりマシンを使用して施行するので痩せる効果があります。
運動で肥満を解消するには
運動で肥満を解消するにはその人の年齢や体力によって方法が違います。一般的に運動不足の人は、筋肉や骨が衰えて脂肪が増え体重や体型が変化します。
ウォーキングが中性脂肪を減らす理由
中性脂肪を減らすなら有酸素運動が有効で、シューズさえあれば年齢や季節や時間に関係なく手軽にできるのでウォーキングがお勧めです。
エクササイズでお腹の脂肪を
お腹周りの脂肪を取るためにはいくつかの条件を満たすことが必要です。まずは老廃物をしっかりと流すことが出来るように姿勢を正しくすることが必要です。
水泳が一番良い理由は
水泳というのは実は中年太りを解消するためにはとても理想的な運動です。その理由としては、まず全身運動であることというのがあげられます。
エアロバイクを使って
エアロバイクでダイエットをする場合、ポイントになってくるのは心拍数です。エアロバイクをはじめとした自転車系の運動で効率的にダエイットをする時には、一定の心拍数を保ったまま長時間にわたって足を動かし続けることがコツになります。
腹筋を鍛えて
腹筋運動を行うことでお腹のぽっこりを解消したい。という方は多いですが、実は腹筋運動だけではお腹のぽっこりを解消させることが出来ないと言われているんです。
矯正ベルトで痩せるのか
矯正ベルトというのは、骨盤を正しい位置に固定することが出来るベルトですが、この矯正ベルトを使うことでお腹周りのダイエットが可能なのでしょうか?
ボディーシェイパーの使い方
ボディーシェイパーは着やせするように見せるものと思われがちですが、実は体幹をしっかりと固定し、正しい姿勢にしていくことによって、滞りがちな血液やリンパの流れを正常化させることで、老廃物をしっかりと排出させるという効果を持っていると言われています。
肥満を解消する薬はあるのか
肥満を薬で解消することが出来るのであれば楽にダイエットが出来そうと思いますよね。でもそのような都合が良い薬というのはあるのでしょうか?実はあるんです。
呼吸法で脂肪を
脂肪燃焼をするために必要な物というのはなんなのでしょうか?摂取カロリーを抑えること、L-カルニチンなど脂肪燃焼効果がある成分を摂取することなど、いろいろ思い浮かぶかもしれません。
スムージーで肥満を解消
まずスムージーを飲めば肥満を解消できるのかという点ですが、スムージーを飲んでいるだけでは決して肥満を解消できるわけではありません。